専門的に診てもらう|尿漏れに気づいたら専門の医師に相談|健やかな生活へのヒント

尿漏れに気づいたら専門の医師に相談|健やかな生活へのヒント

中年女性

専門的に診てもらう

看護師

病院では症状にあった診療科で診察、検査、処方、手術など治療をしてもらいます。 数多くある診療科の中から「泌尿器科」について見ていきます。 泌尿器科は腎臓、尿管、膀胱、尿道などの尿路系臓器や陰茎、精巣、前立腺などの男性生殖器の疾患を治療する診療科になります。 この泌尿器科に来る患者さんで多い疾患は男女で違いがあり、男性の場合は前立腺肥大症、女性の場合は急性膀胱炎の患者が多くなっています。 前立腺肥大症は男性特有の疾患で、尿が出にくかったり尿の回数が多いなどという症状があらわれます。この疾患は30代から発症し、60歳では60%、70歳では80%と加齢とともに増えていきます。治療方法は薬物療法、手術療法、保存療法になります。

急性膀胱炎は女性が圧倒的に罹りやすく男性では希です。 その理由は男性に比べて女性は肛門と尿道の距離が近いため細菌が侵入しやすいこと、男性に比べて女性の方が尿道が短いことが女性に急性膀胱炎が多い理由です。 通常は3日間の抗生物質の服用で治療します。 女性の場合は婦人科でも治療が受けられるため、泌尿器科で治療するのは男性の方が多くなっています。 そして近年、泌尿器科の治療で増えてきているのがEDの治療です。 EDは様々な要因があるので根本的な治療を行うために、心療内科や精神科と連携して治療を行うこともあります。 泌尿器科ではバイアグラ、シアリス、レビトラなどのED治療薬で薬物治療を行い、心療内科や精神科などではカウンセリングを中心に治療を行います。